風とナビと音楽ともっと楽しく走る。


あなたの走りを
豊かにする
新世代
「オートバイ・
サウンドシステム」
誕生。

addSound

気軽にお気に入りの曲を聴きながら、楽しくに走る。
周りの音を聞きながら、ナビ音声を頼りに、知らない街を楽に走る。
あなたのヘルメットに addSound で「音」を加えて、もっと豊かなオートバイ・ライフを楽しみませんか。

addSound
ヘルメット装着型振動スピーカータイプのBluetoothオーディオ
販売価格
オープンプライス
サイズ
H62 x W180 x D52mm
重量
198g
連続再生時間
約18時間
※無風状態40km/h走行時。速度・風速により加速度的にバッテリーを消耗します。無風時の法定速度100km/hでは5〜6時間となりますがそれ以上の速度では更に短くなります。(いずれも気温20度、スマホ側音量16段階の内12段目の場合)
充電時間
約2時間
※充電LED消灯でほぼ満充電となりますが、バッテリーの状態により最大4時間程度充電LEDが消灯しないことがあります。スマホアプリの充電状態で充電状態をご確認ください。
防水性能
IPX5相当
※取付プレートはヘルメット後部の形状により、取り付けが困難な場合があります。取付プレートの直径は52mm、プレート中心間の長さは約100mmです。ご確認の上、お買い求めください。

Point 01

あなたのヘルメットを
スピーカーに変える
新発想の
Bluetoothオーディオ。

addSound は、エキサイター(振動型スピーカー)でヘルメットを振動させスピーカーにしてしまう新発想のシステムです。ヘッドフォンと違い耳を塞がない形になり、スピーカーを通して音を聞くカーオーディオと近い音環境を作り上げます。

振動スピーカーでヘルメットをスピーカーに変えます

装着するヘルメットにより音質特性は若干変わりますが、通常のスピーカーと同じように快適に音を聞くことが出来ます。

最終的に音を出すのはヘルメット本体となるため、ヘルメット内部にスピーカーや配線を取り付ける必要がありません。しかも取り外しができるため、色々な形状のヘルメットに取り付けることが可能となっています。

Bluetoothでお使いのスマホと接続し、

  • SpotifyやAppleMusicなどの音楽サービス
  • Radikoなどのラジオやポッドキャストサービス
  • GoogleMapなどのナビ音声

などを聞くことが出来ます。

Point 02

耳をふさがないから、
周りの音が聞こえる。

バイクを安全に運転する上で、周囲の音は大切な要素の一つです。addSound は、企画の段階から「安全」を最優先にしているため「周囲の音」が聞けることを絶対条件として開発を行ってきました。

ヘッドフォンやイヤフォンタイプと異なり耳を塞がない仕組みなので、音楽や音声ナビを聞きながらでも周りの音が聞こえます。また直接耳にスピーカーやイヤフォンが触れないので長時間の使用でも快適です。
音量の調整は、addSoundが走行状態や周りの音の状態を判断しながら自動で行います。

サイレンや周りの音も聞こえます

※高速走行時や風の強い日は音が聴こえづらくなることもあります。
※ヘルメットを振動させて音を鳴らす仕組み上、静かな室内では音漏れを感じますが、路上の交通環境音がある中ではほとんど気になりません。

Point 03

操作はとっても簡単。
状況を判断して
addSoundが
賢くサポート。

addSound は「快適・簡単」を実現するために、加速度センサーやマイクセンサーを搭載しています。これらのセンサーによりライダーの状況を判断しています。

ボタンは1つ。このボタンで電源のOn・Off、初回のBluetoothペアリング操作を行います。

ボタンやインターフェースはaddSoundの底面に集約しています
Bluetoothで接続、各種設定を行えます

音楽の再生はヘルメットをタップするだけ

音楽の再生・停止はグラブをしたままヘルメットを「ポンッ!」とタップするだけ。

Point 04

専用マイク※別売りをつければ、
走行中の通話や
スマホの音声操作も可能に。

専用マイクをつけるだけで、addSoundの可能性が一気に拡がります。電話の通話はもちろん、LINEやFacebookメッセンジャーを使ったグループ通話や音声アシスタント(Siri、Googleアシスタント)をタップ操作で呼び出してスマホの操作ができるようになります。

電話する(音楽再生中でも可能)

  • タップで受話/通話中タップで終了
  • ダブルタップで着信拒否
  • スマホの音声アシスタンスを利用し “○○さんに電話をかけて”で発話

※走行中の通話はせず、必ず路肩などに停車してから会話をして下さい。

グループ通話する

  • LINEやFacebookメッセンジャーなどでグループを作り音声通話するだけ
  • BluetoothによるaddSound同士のローカル通話はできませんが、ユニバーサル接続をサポートしている既存インカムとはローカル接続することで会話が出来ます。ただし距離は10数mまで、既存インカムとの接続性は保証の範囲外です。

音声アシスタントによるスマホ操作する(音楽再生中でも可能)

  • ダブルタップで音声アシスタントの起動/起動中にタップで終了
    ※走行中のダブルタップ操作はダブルタップの認識が非常に悪くなり、大変危険ですので行わないでください。
  • 電話の発話「○○さんに電話をかけて」
  • 「LINEで〇〇さんにメッセージ」など
  • ナビアプリの操作「地図を拡大(縮小)して」 「この近くのコンビニは?」など
  • 時刻や天気、気温の確認「いま何時?」「今日の天気は?」「いま何度?」など

マイクのマイクの取り付け取り外しも簡単にできます

マイクは小型でじゃまにならず、面ファスナーで固定するため取り外しが簡単です。マイクジャック部にはシリコンゴム製の簡易防滴アダプターがついているので、急に降ってきた雨などの一時的な浸水を防ぐことが出来ます。※長時間の雨天走行ではマイクと簡易防滴アダプターを外し、マイクジャックカバーをしっかりはめてご利用ください。

Point 05

シンプルデザイン。
色は2色。
もちろん防水。

addSound は色々なヘルメットにつけてもフィットするように、装飾的なものは排し、機能美あふれるシンプルで飽きのこないデザインに仕上げています。

色はオフホワイトとマットブラックの2色

色は「オフホワイト」と「マットブラック」の2色。
IPX5相当の防水仕様になっており、激しい雨に濡れても大丈夫な作りです。

Point 06

取り付けも簡単。
気分でヘルメットを
変えられます。

複数のヘルメットに取付プレートを貼り付けておけば、その日の気分でヘルメットを選びaddSoundを取り付けられます。

取り付けは取り外しは簡単
軸を中心に回転可動します

addSoundは様々な大きさや形状のヘルメットに取り付けを可能にするため、取付プレートが軸を中心に回転可動する仕組みになっています。

取付プレートの直径は左右それぞれ52mmです。ヘルメットによっては、凹凸などによりこの大きさの範囲でなめらかな球面がないものは取付けられない可能性があります。また、マット塗装も取付可能ですが、若干取付強度が弱くなる可能性があります。

Point 07

重さはたったの
「198g」。
1日のツーリングも
余裕のバッテリー。

ヘルメットの後部に取り付けていても気にならない重さにするため、パーツやバッテリーの吟味をし現在の重さを実現しています。

1日もつバッテリーの容量を模索した結果、リチウムポリマー充電池 3.7V – 1000mAh を採用しました。充電はマイクロUSB。フル充電の時間は約2時間です。

連続再生時間は約18時間。※無風状態40km/h走行時。速度・風速により加速度的にバッテリーを消耗します。無風時の法定速度100km/hでは5〜6時間となりますがそれ以上の速度では更に短くなります。

充電時間は約2時間。※充電LED消灯でほぼ満充電となりますが、バッテリーの状態により最大4時間程度充電LEDが消灯しないことがあります。スマホアプリの充電状態で充電状態をご確認ください。

会社概要

会社名
株式会社あおごち (英文表記名: Aogochi Inc.)
代表取締役
山田 斉
事業内容
  • レーザー加工商品の企画、開発、製造及び販売
  • レーザー加工受託サービス
  • 通信・電子・音響機器システムの企画、開発、製造、販売及び受託
  • 制御機器システムの企画、開発、製造、販売及び受託
  • インターネット通信販売
OnlineShop FAQ